日々のこと

HTMLやCSSのことも書いています。

for文とwhile文の違いと拡張for文

スポンサーリンク

for文とwhile文の違い

for文とwhile文の違いと拡張for文について書いてみました。

for文

指定した回数だけ処理を繰り返す場合に使用される。

while文

条件が満たされている間、何回でも繰り返す場合に使用される。

for文とwhile文の使用例

0から順番に数字を出力していき、10になったら条件の外に出る場合

・for文

for(int i=0; i<10; i++) {

  System.out.println(i);

 }


・while文

int i = 0;

 while(i<10) {

  System.out.println(i);

  i++;

 }

for文と拡張for文での書き方の違い

int型の配列に数字を5つ格納し、for文で表示する場合

・for文の場合
int[] num = {1,2,3,4,5};

for(int i = 0; i<array.length; i++){  
       System.out.println(array[i]);
     }

・拡張for文の場合

int[] num = {1,2,3,4,5};

for (int array : num) {   
       System.out.println(array);
     }

まとめ

・for文とwhile文の違いとfor文と拡張for文での書き方の違いについて
書いてみました。
・for文に比べて拡張for文の方がすっきりしている印象があります。


読まれている記事
www.hibinokoto01.com
www.hibinokoto01.com
www.hibinokoto01.com