強調タグの意味と違いと使い方

スポンサーリンク

強調タグの意味と使い方と違い

文字を強調するときに使うタグについて書いてみました。

今回書くタグ
bタグ、strongタグ、iタグ、emタグ

太字     :<b>太字</b>
太字にして強調:<strong>太字にして強調する</strong>
斜体     :<i>斜体</i>
斜体にして強調:<em>斜体にして強調する</em>

強調タグのそれぞれの意味

bタグ:囲んだ文字を太字にする
strongタグ:囲んだ文字を太字にして強調する
iタグ:囲んだ文字を斜体にする
emタグ:囲んだ文字を斜体にして強調する

↓ bタグとstrongタグの表示のされ方

太字     :太字
太字にして強調:太字にして強調する

強調タグのそれぞれのタグの違い

それぞれのタグの強調のしかたの違いについて書いてみました。

bタグとstrongタグの違い

bタグは見た目を太字にして強調し、
strongタグは見た目を太字にする強調と、文字の内容の強調を行う。

(↑の「bタグとstrongタグの表示のされ方」で文字の太さの見た目は同じでも、
strongタグの方は文字の内容の強調も行っている。)

iタグとemタグの違い

iタグは見た目を斜体にして強調し、
emタグは見た目を斜体にする協調と、文字の内容の強調を行う。

強調のタグのそれぞれの使い方

・太字などにしたい文字を囲んで使う。
・strongタグとemタグは重要なキーワードに使う。

まとめ

今回書いたこと
・bタグ、strongタグ、iタグ、emタグについて。
・見た目を強調するタグと、見た目と内容を強調するタグについて。


読まれている記事
www.hibinokoto01.com
www.hibinokoto01.com
www.hibinokoto01.com